フリーランス翻訳者のおひとりさま生活

World Cleanup Dayのイベントに参加してきました

この活動は2008年にエストニアから始まったそうです。
今年は150ヵ国の人が、9月15日に一斉に清掃活動を行いました。

日本は今年が初めての参加ということで、私も参加してきました!

 

World Cleanup Dayとは?

以前、富士山の樹海にもゴミ拾いに行ったことがあります(ゴミ拾いというよりも、埋まっていたからゴミ掘りかな)。
みんなで楽しくできるし、キレイになると自分の心もスッキリ爽快になれるので、ゴミ拾いはけっこう好きなボランティアです。

実は、2週間くらいかなり根詰めて翻訳していた案件を、イベント前日についに納品し、「外行きたい!たくさんの人と話したい!!なんかスッキリしたい~!!!」と参加を決めました。
まぁ動機は不純でも、良い結果につながればいいかな。。

 

日本のいろいろな場所で行われて、私の参加したところは70人くらい。10人くらいずつチームになって、ゴミ拾いをしました。

2時間の活動中、それはそれは、いろんなゴミがありました。
ゴミを捨てるという行為にも、人の心理や生き様みたいなものが透けて見えたりして。。

あと、割り当てられた所がホストクラブの多い道沿いだったんですけど、看板のホスト一人ひとりに付けられたキャッチコピーがかなり面白くて。盛りまくりな言葉連発でした。
お店で考えるのでしょうか?コピーライター?

 

私のチームには、フランスから旅行に来ている若い夫婦(?)がいました。
「え?海外旅行中に、わざわざゴミ拾いボランティア!?」とびっくり。
次の日は金沢に行くそうで、東京での貴重な1日を繁華街でのゴミ拾いに投資するという…。

もともとフランスで参加しようとしていたけれども、旅行の期間とぶつかってしまい残念に思っていたところ、日本でも開催することを知って、Fbから問い合わせて紹介してもらったとのこと。

同じプラネットだから、キレイにしたい」と話していました。
こういう人がいるんですね。もうその言葉を聞いただけで、参加してよかったなと思いました。

 

最近は、プラスチックゴミが原因の珊瑚破壊や、中国での廃プラ受け入れ制限による東南アジアでの廃プラ違法輸入など、世界規模でのゴミに関するニュースをよく見かけます。

まずは自分の周りから、地球を大事にしていきたいなと感じた1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です