フリーランス翻訳者のおひとりさま生活

アメリカ&ナイアガラ旅行2018:移動日(1日目)

先月、母と一緒に、ニューヨークで働いている弟に会いに行ってきました☆

しばらく旅行記を書いていきますね。

 

まず移動日から。
16時台のフライトです。

お昼過ぎに空港に着いて、母と、母を空港まで送ってきた父と落ち合い、父の希望により「サボテン」でトンカツを食べました。私はカツ重。

その後、発券、チェックイン、荷物預け入れをしたんですが、発券のときに滞在先の住所も必要だったり、「荷物から目を離していないか」「知らない人から荷物を預かっていないか」を3回くらい確認されたりしました。

さらにゲートで待っているときにも、任意で数名が呼ばれ、何かの化学物質(何だろう?)に反応するかどうか検査されてました。

セキュリティ厳しいですね…!

アメリカ限定仕様なのでしょうか?日本に入る時はどんな感じなんでしょう?
2020年に向けて、日本もこのくらい厳しいといいなと思いました。

夕方になって搭乗。最近はLCCばかり乗ってたので、座席の広さや設備にやや興奮気味です。

離陸後けっこうすぐに夕食が出て、和食にしたかったんですが…
トンカツ被ってるー!

…Bにしました。
どちらもすんごいカロリーですね。
なぜお昼にカツ重を食べてしまったのか…大変悔やまれます。

12時間のフライトでしたが、思ったよりも長時間とは感じず。
最近の座席は、背もたれが倒れるのではなくて、座面が前にスライドするんですね。快適快適。

あまり眠れなかったので、Kindleに入れておいたAIの本を読んで、韓国のドラマを見て(韓国語熱が再燃)、お勉強していたら、あっという間にアメリカに着きました。

空港に着いてからは、車で迎えに来てくれた弟にピックアップしてもらい、途中でスーパーに寄って、家に向かいました。

うっすら夕焼け。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です