フリーランス翻訳者のおひとりさま生活

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』&トークイベント

昨年から「絶対見たい!」と目を付けていた映画。
27日の上映&トークイベントがあると知って、この日に合わせて行ってきました。

開場前にロビーで待っていたのですが、何だか雰囲気がいつもよりも濃い感じ…?
一緒に行った友人(非翻訳者)に「普通の映画と客層の雰囲気が違くない?」と聞いたら、「私も思った!」と即答されました。

翻訳者の割合がどのくらいだったのか分からないですが、結構いらっしゃったのではないかな。

まずは予告をどうぞ~


やっぱりフランス映画いいなぁ・・・。
構成も魅せ方も音楽も、どれもカッコ良い!

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

『インフェルノ』の翻訳者11人が出版社の地下室にほぼ監禁され、スマホ没収、ネット禁止、銃を持った警備員の監視下で作業したという実話が、設定に使われています。

時間軸がころころ変わるし、誰が何語なんだっけ?と思っているうちに、次々と明らかになる事実に驚きの連続で…すごーく怖かった!でもめちゃくちゃ面白い!怖面白い映画(?)でした。

言葉も10か国語が飛び交い、語学フェチも大満足ではないでしょうか。
少し混乱するので、前もって公式サイトでどの人がどの言語か把握してから行くと、より面白いかもしれません。

好きだったシーンは、翻訳家たちが美味しい食事をとりながら、自分たちが訳している作品についてそれぞれの解釈を語り合うところ。なんてぜいたく!こういうのはやってみたいなぁ♡

ネタばれはしたくないので、具体的なことは書けないのですが・・・

観ている途中、「作品の価値」を守るために人の命や社会的立場を奪ってもよいものだろうか?と悶々としてしまったり(最後になってちょっと晴れましたが)、それぞれの翻訳者たち(全員キャラが濃い)の生い立ちとか、翻訳に対する思いとかが迫ってきたりして、なんだかちょっと重い気持ちになりました。。。

監督はキャラクター作りのために、いろいろな翻訳者たちに会ったそうです。翻訳者あるあるがたくさん!これほど何度もうなづいた映画があったでしょうか。

「翻訳者に囚われた者」と題してパンフレットに書かれていた監督の言葉が印象的でした。

自動翻訳が台頭するこの私たちの時代では、生身の人間である翻訳者たちへの支払いは、これまでよりも減少しています。
読者たちは、原文に対して「忠実ではない」と非難し、裏切り者と糾弾することで、インターネット上で彼らに怒りをぶつけます。
翻訳者たちの多くは、自分たちが非正統的であると感じ、罪悪感に苛まれています。
これこそスリラーにぴったりのキャラクターです。

トークイベント

上映後、この映画の翻訳を手掛けられた原田りえさんと、『インフェルノ』を翻訳された越前敏弥さんが登場!!待ってましたー!

最初に越前さんが「私が今ここにいるのは、10人目になりかけたからです」と!!
幸い、出版社の方が断固として断ってくださったそうですが、少し怖い思いもしたとおっしゃってました。ど、どんなことがあったのでしょう…?

原田さんはなんと、4か国語翻訳されるそう!
複数人が同時に話しているシーンでは、日本語の字幕は1人のセリフのみですが、英語の字幕だと2人分のセリフを同時に載せることもある、というお話が興味深かったです。

お二人の好きなシーンや、伏線、俳優さん、元ネタについてなどなど、盛りだくさんに語ってくださいました。お話上手で本当に面白かったです!30分だけだったのが本当に惜しまれる…!

映画館とパンフレット

今回、初めて「ヒューマントラストシネマ有楽町」という映画館に行ったのですが、映画作品ひとつひとつに対する愛情の感じられる映画館でした。

まず、映画ごとにドリンクを販売。

9人の翻訳家のドリンクは、上にチョコで「9」と描いてある&アイスコーヒーが溶けてシロップが「流出」していくものだそう。
雪の予報も出ていた日だったので、私は迷わず隣のジンジャーブレッド・ミルクティーに。美味なり。

それから、映画の評論の切り抜きも。

こんなにたくさん記事を探して、切り貼りするのに、どれだけの労力と時間がかかったのでしょう。ちょっと感動しちゃいました。

春にかけて気になる映画が目白押しだったので、会員になっちゃうかも?

パンフレットはこちら。

映画中で翻訳家たちが訳す『デダリュス』の表紙を模していて素敵です。

もともと買うつもりはなかったのだけど、越前さん、金原瑞人さん、平岡敦さんの対談が載っているのを見て即買いしました。
「監禁状態の翻訳の仕事を受けるか?」という質問に、お二人が「金額次第」と答えていらっしゃいました笑。私はぜったい無理だなぁ…。

この対談だけでもかなり満足ですが、上述の言葉を含め、監督のコメントがとっても良いです。

映画を観に行かれた方は、ぜひぜひパンフレットも買うことをお勧めします!!

https://gaga.ne.jp/9honyakuka/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください